20191107香港デモ長期化、「関心ある」過半数越え
6月の調査とは設問ニュアンスが若干異なるので、時系列比較は参考程度

「第二の天安門事件」間近とも伝わる中、「関心ある」合計は現在も5割超え

設問 香港で大規模なデモが継続しています。香港でのこの動向、関心はありますか?
高い関心を持っている
まあ関心を持っている
あまり関心を持っていない
全く関心を持っていない
分からない
興味ない

設問注釈 香港から中国へ容疑者の身柄の移送が可能となる「逃亡犯条例」の改正に抗議するために、2019年6月頃から始められた今回の反対デモ。改正案自体は現時点までに事実上の廃案になっていますが、それでもデモが継続しています。

デモは現在も毎週のように行われ、デモの長期化・大規模化に伴い、一時は警官隊も静観したこともありましたが、再び催涙弾などが使われるようになり、また、これに対してデモ隊も応戦することで、けが人も多数出ているとされます。

また、中国政府と近いとされる香港マフィアがデモ参加者に暴行危害を加える事件も起きています。さらに、香港と隣接する広東省深圳市などでは、中国政府がデモ隊の暴徒化による混乱拡大に備えて、専門部隊の集結と演習を始めているともされています。

背景には、「逃亡犯条例」は廃案になったものの、香港のトップ、行政長官の選挙の普通選挙化要求があるとされています。現在、行政長官選挙は必ず中国政府に近い人が選ばれる仕組みになっているとされ、「一国二制度」にはなっておらず、香港の自由が徐々に削られている、といいます。

時期:2019年8月21日
対象:一般日本国民
回収:100人(男女比、年齢層偏りなく、無作為収集)
手法:インターネット調査

動画YouTubeチャンネルへ