20200109れいわと共産が連携へ、注目度合いは微妙
れいわ新選組と日本共産党が党首会談で連携確認

この動き、「注目している」の合計は23%にとどまり、「注目していない」の46%を大きく下回った

現状の党勢ではすでにれいわに後塵を拝しているとも言われる共産党。そのアレルギーは強く、これが即野党再編にはつながりにくく、国民の支持も得にくいか

設問 日本共産党とれいわ新選組が党首会談で、野党連合政権の樹立に向けた「政権構想」に関する協議を始めるべきだとの考えで一致しました。どう思いますか?
大変注目している
まあ注目している
あまり注目していない
全く注目していない
分からない
興味ない

設問注釈 日本共産党の志位和夫委員長とれいわ新選組の山本太郎代表は2019年9月12日、国会内で会談し、政権構想協議開始の他、安倍政権による憲法9条改正に反対する方針も確認。

両党は消費税廃止が基本方針。れいわ新選組は次期衆院選での野党共闘を重視し、消費税率を5%にいったん引き下げる譲歩案を示し、日本共産党もこれに前向き。

ただ、野党として勢力の大きい立憲民主党、国民民主党などは、支持母体の連合と日本共産党が不仲なこともあり、日本共産党を含む連合政権構想には慎重です。

時期:2019年9月18日
対象:一般日本国民
回収:100人(男女比、年齢層偏りなく、無作為収集)
手法:インターネット調査

動画YouTubeチャンネルへ