20200225関電問題は原発マネーの闇のごく一部か?
関西電力の福井県高浜町、原発に絡む金銭授受問題

「関電問題は原発マネーの闇の氷山の一角」では、「全くその通り」が38%、「まあその通り」が28%で、両者の合計は66%

関電だけでも掘れば掘るだけ何か出てくる。他の電力会社でも調査が本格化すれば、本当にどこまで深い闇なのか、見当がつかない

設問 原子力発電所に絡む関西電力の経営陣の金銭授受問題、どう思いますか?_本件は不正な原発マネーの“闇”の氷山の一角だ

全くその通り
まあその通り
あまりそうは思わない
全くそう思わない
分からない
興味ない

設問注釈 関西電力の岩根茂樹社長は2019年9月27日、大阪市の関電本店で記者会見し、八木誠会長を含む経営幹部20人が、私的に計3億2000万円分の金品を受け取っていたことを明らかにしました。福井県高浜町の森山栄治元助役(故人)が原発関連工事に絡んで得た資金などを7年にわたり提供していました。

松井一郎大阪市長は9月30日、同社の筆頭株主として株主代表訴訟の手続きを準備していることを明らかにしました。

関電は10月2日、常務執行役員と元副社長がそれぞれ1億円を超える金品を受領していたなどとする社内調査報告書を公表しました。受領金品には、商品券、金貨や小判、仕立券付きのスーツ生地、米ドルなども含まれていました。

これ以外に、関電が太陽光発電所などの建設工事をめぐっても森山氏と接点を持っていたこと、関電が工事を発注した業者からも390万円相当の金品を受け取っていたことなども明らかになりました。

時期:2019年10月8日
対象:一般日本国民
回収:100人(男女比、年齢層偏りなく、無作為収集)
手法:インターネット調査

動画YouTubeチャンネルへ