20200614日中首脳会談、評価は39%、できず39%
「大変評価する」は4%にとどまり、「まあ評価する」35%で、評価の合計は39%に

「あまり評価できない」22%、「全く評価できない」17%で、評価できないの合計は39%

日本の首相としては、すべての問題点を伝えた方だとは思うのだが。中国アレルギー強し

設問 日中首脳会談、どのように評価しますか?

大変評価する
まあ評価する
あまり評価できない
全く評価できない
分からない
興味ない

設問注釈 安倍晋三首相は2019年12月23日に訪中し、北京で習近平国家主席と会談しました。

首相は、中国における邦人拘束や、活発化する中国側の沖縄県・尖閣諸島周辺の活動に対してけん制、香港問題、ウイグル問題にも言及しました。

日本にとって、北朝鮮の後ろ盾となっているとされる中国との外交は、米朝プロセスの上でも重要、中国にとって、貿易摩擦が進展する米国との関係上、米国の最も影響力のあるパートナーである日本との外交は、極めて重要になってきています。

2020年春、日本は習国家主席を国賓として迎え入れる予定です。

時期:2019年12月26日
対象:一般日本国民
回収:100人(男女比、年齢層偏りなく、無作為収集)
手法:インターネット調査

動画YouTubeチャンネルへ