20200826テレワークは良いと思う49%、実施34%
広く知られるようになったこの言葉。弊害はあるものの、進めざるを得ない状況でもある

テレワークは「良いと思う」が49%、「微妙」という否定的な24%を大きく上回った

勤務者の中で、「実施中/予定あり」34%、「予定なし」39%と拮抗

設問 新型コロナウイルス対策で、テレワーク(リモートワーク、在宅勤務)が増えてきました。どうお思いますか?

すでに実施しており、良いと思う
すでに実施しているが、問題もある
実施予定で、良いと思う
実施予定だが、微妙だと思う
実施する予定はないが、良いと思う
実施する予定はないし、微妙だと思う
そもそも働いていない/分からない

設問注釈 新型コロナウイルスに伴う重症者を減らし、社会への影響を最小限にするため、日本政府は企業にテレワーク(在宅勤務)の推進を呼び掛ける中、先行する企業の取り組みからは課題が浮かび上がってきている、とされます。

普段からテレビ会議を活用するなどテレワークを導入しやすいとされるIT業界でも限界はあるといい、感染拡大防止と事業継続の両立には優先すべき業務を事前に見極めるなどの工夫が求められているようです。

時期:2020年2月28日
対象:一般日本国民
回収:100人(男女比、年齢層偏りなく、無作為収集)
手法:インターネット調査

動画YouTubeチャンネルへ