20200912コロナ対策で消費税率引き下げ、必要66%
国民としては当然減税志向だが、総額数十兆円とされる消費税の財源を左右する問題

「絶対必要」40%、「まあ必要」26%で、ほぼ3分の2が必要と考えている

消費税引き上げ後のコロナまん延という不運だが、直近の経済・景気の数値を見ても、直ちに税率引き下げを検討すべきか

設問 新型コロナウイルスのまん延に対して、自民党議員からも、消費税の一時的な税率0%が提言されています。どう思いますか?

消費税率の引き下げは絶対必要だ
消費税率の引き下げはまあ必要だ
消費税率の引き下げはしない方が良い
消費税率の引き下げは絶対してはならない
分からない
興味ない

設問注釈 2019年10月の消費増税以来、日本の景気冷え込みは顕著で、2019年10-12月のGDPは年間6%を超えるマイナス成長となりました。

今後発表される2020年1-3月のGDPにはさらに新型コロナウイルスの影響が追加されることになり、より厳しい数値となることが予想されます。

政府はすでに様々な景気拡大策を講じていますが、効果は不透明です。もともとの冷え込みの根源である消費税にメスを入れるべき、という意見が出てきています。

時期:2020年3月17日
対象:一般日本国民
回収:100人(男女比、年齢層偏りなく、無作為収集)
手法:インターネット調査

動画YouTubeチャンネルへ